· 

春はいつも心身のバランスが崩れちゃうあなたへ

こんにちは!桜の花も咲き始め、春めいてきましたねー♪

今年はゆっくりお花見に行きたいなぁと考えている窪田です。

そのためにはやることやってしまわないと…

 

さて、タイトルにもあるように、「春先がどうもダメなんですよねー」と、3月中旬からお久しぶりのお客様のご来店が増えてきました。

春先の心身のバランスの崩れ。

これはまさに体内で自律神経のバランスが崩れている証拠でもあります。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、暖かくなる春先にぐーっと副交感神経優位に傾いてしまうことで食欲減退や睡眠トラブル、倦怠感などのいわゆる「春バテ」を引き起こします。

また、新年度が始まると今度は緊張感や不安から、自律神経は急激に交感神経傾きます。

 

特に40代後半のお客様は、更年期が始まったのかしら?と不安になられる方もいらっしゃいますが、更年期は自律神経ではなく、まずホルモンバランスが崩れることが発端となります。

もちろん、更年期と春バテが同時に進行するパターンもあるのですが…

 

さて、ではこの春バテを解消するにはどうすればいいでしょうか?

自律神経を調整しているのは脳の視床下部という場所です。

副交感神経優位に傾いている場合、交感神経を活性化してあげる必要があります。

一日の間で交感神経優位になりやすいのが朝なので、まずは朝起きたら朝日をたっぷり浴びるようにしましょう!

そして、コップ一杯のお水(常温)を飲んで、内臓を優しく目覚めさせてあげます。

時間があれば、朝のお散歩がオススメですが、時間がない方は5分程度でいいので、ストレッチなどをして、しっかり運動機能も目覚めさせてあげましょう!

 

 

朝には交感神経を活性化させてくれる香りを嗅ぐこともとてもオススメです。

香りは電気的信号を介して、脳の視床下部にダイレクトに働きかけてくれるので、自律神経を整えるのにアロマテラピーはとても有効なのです!

オススメの精油は

・バジル

・クローブ

・シナモン

などのスパイス系の精油。

スパイス系の精油が苦手であれば、

・マンダリン

・グレープフルーツ

・レモン

などの柑橘系の精油でも。

 

神経系を覚醒させる働きがありますよ。

 

 

先ほども書いたように、香りは脳にダイレクトに働きかけてくれるので、ホルモンバランスを調整している下垂体という場所にも届きます。同時にホルモンバランスの調整も出来るので、春バテと更年期が同時進行…という場合にもオススメなんです。

 

ソフィールでアロマトリートメントを受けられる際には、カウンセリングでしっかりお悩みを聞き取りし、最適な精油のブレンドをご提案しています。

 

 

状態がどんどん悪化する前に、まずはお気軽にご相談下さいね。