スウェーデン式アロマトリートメントについて


 

 

 

 

 

 

 

 

 

スウェーデン式トリートメント(スウェディッシュトリートメント)は、

1813年にスウェーデンで考案されたオイルトリートメントで、

世界で最も広く親しまれているトリートメント法の一つです。

特にアメリカやヨーロッパでは非常に広くしたしまれており、

トリートメントの原点とも言われています。

 

 解剖生理学に基づいて、骨格や筋肉、間接に働きかける技法で、

身体の中の循環を高めて老廃物の除去を促して

代謝を促進させる働きに優れています。

 

基本的にはオイルを使い、筋肉の走行に向かいゆっくりと深く行っていきます。

オイルを使っての技法なので、通常のマッサージに比べて、痛みは少なく

コリがしっかりほぐれます。

強い刺激やも見返しも少ないので、リラクゼーション効果もあります。

 

本場のスウェーデンでは、疲労回復・健康維持のために、

日常的に取り入れられています。

 

 ストレス解消や健康管理だけでなく、筋肉や関節に対して作用するため、

スパだけでなく医療福祉機関などでも幅広く活用されています。

 

 

 素肌の上にオイルを塗布する心地よさと、適度な圧をかけて

全身の筋肉を揉み解す効果合わせたテクニックで、

筋肉の緊張を解き、凝りや痛みなどの不快感を和らげ、

深いリラクゼーションと共に冷えむくみにも効果的です。

ストレスを解消してリフレッシュさせてくれます。